作業療法士

『作業』とは、普段の日常生活における「食事」「入浴」「排泄」などの生活動作や「家事」「仕事」だけではなく、「遊び」「物を作る」「スポーツをする」などの活動も含まれます。作業療法ではこのような活動を通じて症状の回復を目指し、社会復帰を促進する心と体のリハビリテーションを行っています。


作業療法の目的

・作業能力の維持、改善
・他者との交流、コミュニケーション能力の改善
・ストレス発散
・生活のリズムの回復
・生活体力の回復


当院の作業療法プログラム

・個別活動
→塗り絵、ちぎり絵、ジグソーパズル、編み物、マスコット作り、パソコン、映画鑑賞、園芸、工作など

・集団活動
→体操、レクリエーション(ゲーム、スポーツ、カラオケ)など

・その他、退院支援で外出訓練や調理実習なども必要に応じて行います

 

これらの活動は、ときどきブログにアップしています